2010年06月19日

「いつかはクラウン」はもう古い? クルマに対する考え方(Business Media 誠)

 あなたにとってクルマはどのようなものですか? 20歳以上の男女に聞いたところ「便利な移動手段」(93%)と「旅行やスポーツなど、趣味をサポートしてくれる道具」(77%)と答えた人が多いことが、デロイト トーマツコンサルティングの調査で分かった。

【拡大画像や他の調査結果を含む記事】

 ただ、かつて(10年ほど前)はどのようなものでしたか、と聞いたところ「本格的なドライブやドレスアップなどを楽しむ趣味」(40%)、「経済力を示すステータスシンボル、憧れ」(33%)、「自分のセンスや趣味などを表現する自己表現手段」(28%)と答えた人が目立った。「『いつかはクラウン』のような意味合いは徐々に薄れてきており、自動車は単なる移動手段、道具としての意味合いが強くなりつつある」(デロイトトーマツコンサルティング)と分析した。

●EVの購入をためらう要因

 各自動車メーカーから電気自動車(EV)が発売または発売されてようとしているが、EVの購入をためらう要因は何だろうか。EVの購入を検討しないという人に聞いたところ、「高価であること」(83%)と答えた人が最も多かった。このほか「走行距離が限られていること」(76%)、「充電が難しそうであること」(39%)、「従来の自動車と同等の性能がないこと」(37%)と続いた。

 またEVを購入するか否かを決定する際、何を考慮しますかと聞いたところ「車両価格」(74%)と答えた人がトップ。以下「充電のしやすさ」(69%)、「充電費用」(68%)、「燃料費」(50%)という結果に。

 インターネットによる調査で、20〜69歳の男女2075人が回答した。調査期間は3月13日から3月15日まで。

【関連記事】
東京都民が、クルマを所有しない理由
どうした自動車ジャーナリスト! 事実を語らない裏事情
「クルマでデート」はもう古い?――若者のクルマ離れの実態

<口蹄疫>都城周辺は陰性 発生農家から1キロ、牛豚97頭(毎日新聞)
<早稲田大>新総長に鎌田薫・法学学術院教授を選出(毎日新聞)
<宇宙ヨット>「イカロス」帆を広げる…金星に向かって飛行(毎日新聞)
19日に過労死110番(時事通信)
建築資材会社社長を逮捕=6億円所得隠し―東京地検(時事通信)
posted by タケハラ コウジロウ at 04:33| Comment(19) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月15日

傷害致死容疑で父逮捕 車中男児遺体「していない」(産経新聞)

 茨城県高萩市で5月、スーパーで万引し現行犯逮捕された夫婦の乗用車から男児の遺体が見つかった事件で、県警高萩署は12日、男児に暴行を加えて死亡させたとして、傷害致死容疑で、父親の住所不定、無職、浅沼喜美被告(42)=窃盗罪などで起訴=を再逮捕した。浅沼容疑者は「子供にそんなことはしていない」と否認している。

 同署の調べによると、浅沼容疑者は今年3月ごろ、日立市内で長男の鈴木星々(きらら)ちゃん=当時7カ月=の頭を殴るなどし、くも膜下出血などの傷害を負わせ死亡させた疑いがもたれている。

 浅沼容疑者は妻の真由美被告(37)とともに5月6日、高萩市のスーパーで万引したとして窃盗の疑いで現行犯逮捕され、スーパーの駐車場に止めた車の後部座席で星々ちゃんの遺体が見つかった。

 浅沼容疑者はその後、5月24日に覚せい剤取締法違反(使用)容疑で再逮捕されていた。

「連立離脱だ」、亀井代表が一時は決断(読売新聞)
「SSには軍人や警官、消防士もいる。被告も正義感から…」情状求める弁護人(産経新聞)
<超軽量飛行機>墜落し大破…操縦の男性死亡 茨城(毎日新聞)
口蹄疫 菅首相が宮崎入り 畜産農家で消毒作業視察(毎日新聞)
<菅内閣>努力家「蓮ちゃん」 恩師らエール(毎日新聞)
posted by タケハラ コウジロウ at 13:16| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月08日

看護職の仕事と家庭の両立支援で要望−日看協(医療介護CBニュース)

 日本看護協会(久常節子会長)はこのほど、厚生労働省の伊岐典子雇用均等・児童家庭局長にあてて、来年度予算案の編成に当たって看護職の「仕事と家庭の両立支援」を求める要望書を提出した。

 要望書では、少子・高齢社会を支える医療提供体制の確保には、「看護職が生涯を通じ就業継続できる労働条件・環境の整備により、看護職の離職防止対策を講じることが喫緊の課題」などと指摘。その上で、▽仕事と家庭の両立支援に取り組む病院等事業所への支援の推進▽短時間正社員制度の導入・定着促進事業の強化▽次世代育成に係る総合的対策の推進―の3本柱の要望を提示した。
 両立支援に取り組む事業所への支援推進では、人事労務管理に関する包括的な指導とコンサルテーションの実施や、中小規模の事業所に対する事業所ごとのきめ細かな支援策を講じることを求めた。
 また、総合的対策推進では、両立支援策としての「放課後児童対策ならびに待機児童解消対策をはじめとする各種保育サービスを一層拡充されたい」としている。


【関連記事】
短時間正職員制度、看護職の認知度4割弱
「課題は看護職の離職対策」―09年回顧と10年の展望 日本看護協会・久常節子会長
女性医師支援は医師全体の就業改善に―日医シンポ
ワークシェア希望の女性看護師が約8割
潜在看護師の7割が復職希望−日医調査

刺殺弁護士資料に名のある男性、県警が行方捜す(読売新聞)
<鳩山首相辞任>「2人の引責は当然」小沢氏の地元(毎日新聞)
<参院選>国民新党が公約発表(毎日新聞)
【小鳩退場】「郵政法案」廃案も 国会窮屈(産経新聞)
こんなものもあります…電動折りたたみ式柔道畳(読売新聞)
posted by タケハラ コウジロウ at 17:38| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。