2010年04月08日

輸血ミス後患者死亡 阪大病院 B型女性にO型投与(産経新聞)

 大阪大病院(大阪府吹田市)で、7日に事故に遭って救急搬送され、手術を受けた血液型がB型の60代の女性に、O型の血液を誤って輸血していたことが8日、分かった。女性は手術から約5時間後に死亡した。病院側は医療事故として大阪府警などに届け出た。

 阪大病院などによると、女性は7日午後、大阪府茨木市の阪急茨木市駅で電車と接触し、救急搬送された。午後2時半ごろ、病院に着いた際には頭部に外傷があり、心肺停止状態だった。40代の担当医が蘇生手術を実施したが、大量の失血があり、赤血球製剤と新鮮凍結血漿(けつしよう)を計5600ミリリットル投与した。ところが、約2時間半後、このうち一部で、別の患者のために用意したO型の凍結血漿を誤って投与していたことが判明。女性は午後7時35分ごろ、死亡が確認された。

 病院によると、手術中に用意した2つの凍結血漿を同じ加湿器内で解凍し、投与直前に担当医や看護師が十分な確認を怠ったことが原因とみられるという。

 阪大病院は「誤投与は明らかなミスだが、死亡との因果関係はないと考えている」としている。

<葬儀>渡辺泰憲さん=11日、東京・板橋区のときわ会館(毎日新聞)
宅八郎氏を起訴猶予=男性への脅迫事件−神戸区検(時事通信)
<春の交通安全運動>6日から15日 飲酒運転根絶など重点(毎日新聞)
「あるとすれば良い影響」 民主・山岡氏が新党批判(産経新聞)
<相模原市>全国19番目の政令市に 神奈川県で三つ目(毎日新聞)
posted by タケハラ コウジロウ at 18:51| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。