2010年01月29日

<映画製作配給会社>シネカノンが民事再生法の適用申請(毎日新聞)

 調査信用会社の帝国データバンクは28日、映画製作配給会社のシネカノン(東京都渋谷区)が民事再生法の適用を東京地裁に申請したと発表した。負債総額は約40億3000万円。

 89年創業。韓国映画ブームの火付け役となった「シュリ」を配給して注目され、邦画「パッチギ!」(05年)「フラガール」(06年)などの製作、配給を手がけた。東京や神戸で直営映画館を経営していたが、近年はヒット作に恵まれず、業績が悪化した。【佐々本浩材】

【関連ニュース】
倒産:4年ぶりに前年下回る…09年
倒産件数:11%減 負債総額は20%増 11月
いづみや総本社:自己破産申請へ 愛知で飲食40店
企業倒産:1%減、1万5480件 4年ぶり前年下回る−−09年
企業倒産:09年近畿、4186件 過去3番目件数

<足利事件>92年1月28日の地検聴取テープ(1)(毎日新聞)
免疫不全の実験用ラット作製 京大チーム、世界初(産経新聞)
<ひき逃げ>上司が身代わり出頭 部下の男を逮捕(毎日新聞)
<志位委員長>「天の声より民の声聞け」と民主党批判(毎日新聞)
死因究明研究会、29日から=制度のあり方を議論−警察庁(時事通信)
posted by タケハラ コウジロウ at 04:58| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。