2010年01月28日

辺野古案への反対貫く=稲嶺氏(時事通信)

 沖縄県名護市長選で当選が確実となった稲嶺進氏は24日夜、同市内の事務所で「辺野古の海に基地を造らせないという約束で戦った。公約を信念をもって貫く」と述べ、同市辺野古のキャンプ・シュワブ沿岸部に普天間飛行場の代替施設を建設するとした現行計画への反対を表明した。 

【関連ニュース】
名護市長選、投票終わる=普天間移設に影響
2氏が届け出=津市長選
普天間移設をめぐる動き=名護市長選
名護市長選、24日投開票=普天間争点に最後の訴え
名護市長選結果「尊重する」=北沢防衛相

日米同盟深化、年内に成果…安保50年で首相談話(読売新聞)
機密費2・5億支出、河村元官房長官を背任で告発(読売新聞)
<札幌女性殺害>防犯カメラに不審な男 被害者追い横切る(毎日新聞)
4億円不記載 「大久保容疑者が了承」 石川容疑者ら供述 寄付偽装も報告(産経新聞)
南極観測隊 同行教諭、昭和基地から理科の授業(毎日新聞)
posted by タケハラ コウジロウ at 05:46| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。