2010年06月19日

「いつかはクラウン」はもう古い? クルマに対する考え方(Business Media 誠)

 あなたにとってクルマはどのようなものですか? 20歳以上の男女に聞いたところ「便利な移動手段」(93%)と「旅行やスポーツなど、趣味をサポートしてくれる道具」(77%)と答えた人が多いことが、デロイト トーマツコンサルティングの調査で分かった。

【拡大画像や他の調査結果を含む記事】

 ただ、かつて(10年ほど前)はどのようなものでしたか、と聞いたところ「本格的なドライブやドレスアップなどを楽しむ趣味」(40%)、「経済力を示すステータスシンボル、憧れ」(33%)、「自分のセンスや趣味などを表現する自己表現手段」(28%)と答えた人が目立った。「『いつかはクラウン』のような意味合いは徐々に薄れてきており、自動車は単なる移動手段、道具としての意味合いが強くなりつつある」(デロイトトーマツコンサルティング)と分析した。

●EVの購入をためらう要因

 各自動車メーカーから電気自動車(EV)が発売または発売されてようとしているが、EVの購入をためらう要因は何だろうか。EVの購入を検討しないという人に聞いたところ、「高価であること」(83%)と答えた人が最も多かった。このほか「走行距離が限られていること」(76%)、「充電が難しそうであること」(39%)、「従来の自動車と同等の性能がないこと」(37%)と続いた。

 またEVを購入するか否かを決定する際、何を考慮しますかと聞いたところ「車両価格」(74%)と答えた人がトップ。以下「充電のしやすさ」(69%)、「充電費用」(68%)、「燃料費」(50%)という結果に。

 インターネットによる調査で、20〜69歳の男女2075人が回答した。調査期間は3月13日から3月15日まで。

【関連記事】
東京都民が、クルマを所有しない理由
どうした自動車ジャーナリスト! 事実を語らない裏事情
「クルマでデート」はもう古い?――若者のクルマ離れの実態

<口蹄疫>都城周辺は陰性 発生農家から1キロ、牛豚97頭(毎日新聞)
<早稲田大>新総長に鎌田薫・法学学術院教授を選出(毎日新聞)
<宇宙ヨット>「イカロス」帆を広げる…金星に向かって飛行(毎日新聞)
19日に過労死110番(時事通信)
建築資材会社社長を逮捕=6億円所得隠し―東京地検(時事通信)
posted by タケハラ コウジロウ at 04:33| Comment(19) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。