2010年06月08日

看護職の仕事と家庭の両立支援で要望−日看協(医療介護CBニュース)

 日本看護協会(久常節子会長)はこのほど、厚生労働省の伊岐典子雇用均等・児童家庭局長にあてて、来年度予算案の編成に当たって看護職の「仕事と家庭の両立支援」を求める要望書を提出した。

 要望書では、少子・高齢社会を支える医療提供体制の確保には、「看護職が生涯を通じ就業継続できる労働条件・環境の整備により、看護職の離職防止対策を講じることが喫緊の課題」などと指摘。その上で、▽仕事と家庭の両立支援に取り組む病院等事業所への支援の推進▽短時間正社員制度の導入・定着促進事業の強化▽次世代育成に係る総合的対策の推進―の3本柱の要望を提示した。
 両立支援に取り組む事業所への支援推進では、人事労務管理に関する包括的な指導とコンサルテーションの実施や、中小規模の事業所に対する事業所ごとのきめ細かな支援策を講じることを求めた。
 また、総合的対策推進では、両立支援策としての「放課後児童対策ならびに待機児童解消対策をはじめとする各種保育サービスを一層拡充されたい」としている。


【関連記事】
短時間正職員制度、看護職の認知度4割弱
「課題は看護職の離職対策」―09年回顧と10年の展望 日本看護協会・久常節子会長
女性医師支援は医師全体の就業改善に―日医シンポ
ワークシェア希望の女性看護師が約8割
潜在看護師の7割が復職希望−日医調査

刺殺弁護士資料に名のある男性、県警が行方捜す(読売新聞)
<鳩山首相辞任>「2人の引責は当然」小沢氏の地元(毎日新聞)
<参院選>国民新党が公約発表(毎日新聞)
【小鳩退場】「郵政法案」廃案も 国会窮屈(産経新聞)
こんなものもあります…電動折りたたみ式柔道畳(読売新聞)
posted by タケハラ コウジロウ at 17:38| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。