2010年03月30日

中井公安委員長の「路チュー」 地元では「やっぱり」の声(J-CASTニュース)

 女性スキャンダルが発覚した中井洽(ひろし)国家公安委員長(67)は、公安トップにあるまじきルーズな生活ぶりだった。SPなしで飲み歩いていたのでは、という疑惑も出ている。議員宿舎のカードキーを女性に渡していたとされ、「ハニートラップだったらどうするのか」といった疑問が噴出している。

 頭がやや薄くぽっちゃりした体型の中井洽国家公安委員長が、恍惚の表情で目をつむっている。週刊新潮の2010年3月25日発売号によると、これは合成写真ではない。その手前では、30代前半の銀座ホステスというほっそりした女性が背を伸ばしていた。

■「ハニートラップだったら大変」と批判

 新潮によると、これは東京・赤坂で14日に撮った路上キスシーンだという。中井氏は、12年前に妻と死別して独身のため、いけないとはいえない。問題なのは、日本の治安を守るトップにもかかわらず、SPを付けていなかったのではという指摘だ。さらに、同誌によると、中井氏は、議員宿舎のカードキーを女性に貸し出していた。宿舎の利用は、本人や家族などに限るとされており、安易ではなかったのか。

 さらに、防災担当相も兼務していながら、この日、福島県沖であった震度5弱の地震に対応していなかった疑いなども挙げられている。女性との映画デート中で、地震から約1時間半後に映画館から出てきたというのだ。

 中井氏は、週刊誌報道が分かった24日夜、記者団に対し、こう強弁した。「何か問題がありますか。カードを4枚もらい1枚を渡しただけ。規則なんてないし、届け出もいらない」。さらに、25日の国家公安委員会後に会見し、SPについては警備上の理由として弁明を避けたが、地震の対応については、携帯電話で秘書官と連絡したことを強調した。そして、辞任については強く否定した。

 とはいえ、ネット上では、万が一に女性が北朝鮮の工作員だった場合など、「ハニートラップ」だと大変なことになるとの批判が出ている。また、中井氏は、女性に週1回掃除してもらったと釈明するが、銀座ホステスが深夜の宿舎で掃除するとは思えないなどと疑問も続々上がっている。

■東京で羽根を伸ばし、まだ野党気分?

 女性スキャンダルと言えば、麻生政権時代に、当時の鴻池祥肇官房副長官が議員宿舎に女性を連れ込んだりしたとされるケースが記憶に新しい。表向きは健康上の理由だったが、後に副長官を辞任している。また、社民党の又市征治参院議員も3年前、週刊誌に女性スキャンダルを報じられている。

 こうした前例があるのにも関わらず、なぜ同じような轍を踏んだのか。

 中井洽国家公安委員長の地元、三重県伊賀市のある議会関係者は、こう指摘する。

  「与党になっても、野党の垢が抜けていないんじゃないですか。ちょっと脇が甘かったと思いますね」

 地元では、女性スキャンダルについて驚きは少なく、「やっぱり」との声が上がっているという。

  「奥さんがいないので、東京でだいぶ羽根を伸ばしているといううわさですよ。過去には、愛人が地元から東京に出向いたという話もあります。地元では、おとなしく目立たない人なんですが」

 なぜもてるようになったのかについては、こうみる。

  「人なつっこくて、コミュニケーションが上手ですね。それに、女性にはまめですよ。男前だと警戒する女性も、親しみを感じるのでは。それと、バッチの力もあるんでしょうな」

 新潮の「路チュー」写真には、こんなシールを貼った車も写り込んでいる。「法定速度 走行車です」。対照的に、東京に来て人が変わり、与党になっても野党気分が抜けずに、法定速度をはみ出してしまったのかもしれない。


■関連記事
「麻生の足の裏まで絵に描ける」 盟友鴻池副長官に女性スキャンダル : 2009/01/15
鴻池副長官辞任 「無料パスで女性と熱海旅行」と報道 : 2009/05/13
社民党幹事長VS「週刊新潮」 愛人報道めぐり「激突」 : 2007/06/21
「ニコ動」世論調査 4割が「支持政党なし」 : 2010/02/26
民主党ほど「弱者に優しい政党」はない : 2010/02/24

「警察への国民の信頼損なった」覚醒剤使用の元警部補に有罪判決 東京地裁(産経新聞)
1都6県で151枚使用? 偽1万円札でクレープ購入、容疑の少年ら再逮捕(産経新聞)
元家裁書記官に懲役11年=判決文偽造、預金詐取−さいたま地裁(時事通信)
伊豆諸島南部に暴風警報…気象庁(読売新聞)
<皇太子ご一家>長野で静養 愛子さま春休み(毎日新聞)
posted by タケハラ コウジロウ at 00:10| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月29日

<岡田外相>財源確保が困難なら、マニフェストの修正を(毎日新聞)

 岡田克也外相は27日、三重県四日市市の会合で、今夏の参院選マニフェスト(政権公約)について、「現実の収入を見た時、順番を付けて重要なものからやっていき、場合によってはあきらめるものがあるとはっきりした方がいい」と述べ、財源確保が困難な場合、衆院選マニフェストで掲げた政策を修正すべきだとした。

 税収不足に陥っていることから、岡田氏は「政権公約に書いたことを全部やろうとすると相当無理があるのは間違いない」と指摘。また、「(昨年5月の民主党代表選で)私は『財源なくして新しい政策なし』と申し上げた」と財政規律重視の姿勢を改めて強調した。【野口武則】

【関連ニュース】
日米密約:破棄可能性の文書は6点 岡田外相が明らかに
日米密約:文書「破棄」を第三者委で調査へ
日米密約:「破棄」文書、外務省が調査へ
日仏外相会談:イラン核拡散問題で米仏などに理解示す
岡田外相:程・新駐日中国大使の表敬受ける

<放火未遂>容疑で62歳母逮捕 「長女絞殺」と通報 大阪(毎日新聞)
2件目強盗殺人、女を追起訴=鳥取連続不審死−地検(時事通信)
<トランス社架空増資>黒木容疑者、暴力団に協力し復活(毎日新聞)
<日米密約>谷内前次官の招致、自民が難色(毎日新聞)
<長谷川等伯展>鳩山首相が鑑賞「迫力に非常に感銘受けた」(毎日新聞)
posted by タケハラ コウジロウ at 12:03| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月26日

九州新幹線「つばめ」、利用者2千万人突破(読売新聞)

 JR九州・新八代―鹿児島中央駅間で部分開業している九州新幹線「つばめ」の利用者が19日、開業から約6年で2000万人を突破した。

 2004年3月13日の部分開業後、1日平均約9100人が利用。来年3月には、博多までの全線開業が予定されている。

 同社営業課は「当初の見込みよりかなり早く、2000万人を達成した。ビジネスや観光だけではなく、沿線住民の通勤通学や買い物など日常的な足として定着しているようだ」と話している。2000万人突破を記念し、同社は20日、九州新幹線の車内で乗客全員にハンドタオルやお菓子を配る。

岡田外相がハイチ訪問=大統領に積極支援伝える(時事通信)
あのSFやファンタジー小説はこんな環境で書かれた…著名作家たちの書斎いろいろ
タオル覆面の金髪男、コンビニで4万円奪い逃走(読売新聞)
テンの写真公表=ケージ内のトキ襲撃−環境省(時事通信)
<遺体解剖>別人と取り違える 東京都監察医務院(毎日新聞)
posted by タケハラ コウジロウ at 10:31| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。